シニアにとって一番危険なのは家の中

シニアにとって一番危険なのは家の中

ブログ


こんにちは
いつもありがとうございます。
自分整理®ナビゲーターの宮崎佐智子です。

高齢者の事故発生場所で一番
多いのはどこだと思いますか?

答え:家の中での事故発生率はなんと、
全体の事故発生の77.1%
占めています。

家の中でもどこでの事故が一番多いか・・・・・

「居室」 なんですよ!!!

目の前に広がる空間を見渡してみてください。

床の上に物がいっぱい広がっていませんか?

スムーズに歩けないほど、床のあちこちに
モノが積み上げてありませんか?

箪笥の上に、物を積み上げていませんか?


一人暮らしの高齢者だと、床の物に
躓いて、転んで骨折でもしたら、
誰も来なかったら、大変なことになるのは、
容易にわかりますよね。

単に、片付けをしてスッキリするために
部屋の片づけをするのではなく、
ある年齢になったら、
「安心・安全」を考えないといけません。

安心して暮らせる家つくり、
始めましょう。


データはお借りしています。


« »

コメントは受け付けていません。