何のために働く?

何のために働く?

ブログ


つい数日前のこと

受験生だというのに、まったくやる気の出ない息子

特訓クラスに何とか入れてもらったものの・・・・

成績が一向に振るわず・・・。

やばいな~と思っていた矢先・・・塾の先生からの電話。

やっぱり・・・・面談の呼び出し!

いいことで呼ばれること、ないな~。(泣)

 

福岡市内で公立高校ならここ!というくらい有名な某塾

小学5年生からお世話になっている。

面談のとき最初は違和感があった。

子どもと保護者は隣どうしに座り(これは普通)

子どもの真正面に先生・・・・あれ?

先生はず~っと子どもに話していて、保護者が口をはさむ

すきもない。    親がいっくら一生懸命に先生と話しても、

子ども自身がわかって悟らないとだめだもんな~。

で・・・塾の面談といっても私はじっと二人の会話を聞くのみ!

話の中で、先生が「君は何のために働くと思うか?」という質問をされた。

ふむふむ!  「人のため、社会のためになるために」 これは私の回答。

「食べるためにです。」 おいおい!そこかい!

確かに私がいつも言ってるけどさ~

「男は家族を養っていかないといけない。

そのためには、しっかりとかせがにゃならぬ。

しっかり稼ぐには今しっかりと勉強せにゃならん。」

小さいころからよく言ったもんな~。

「食べるため。これは大事だな。ほかにないか?」と先生。

「やりたいことをするためにです。」と息子。

するほど、なるほど。そんなこと考えていたのか。

「食べるため。 やりたいことをやるため。

3つのうちの2つ出たからたいしたもんだ。 もう一つは何だと思うか?」

ほ~らきた。 おかんの回答を言うんだ! と心の中で叫ぶ私。

「わかりません」と息子が即答。  おいおい!一番大事だろ~。

「お金のためにだけ働くのも、自分のやりたいことだけをやるのもむなしくないか。

やりたいことだけやれる仕事てないと思わないか。いやなことも伴ってくると思うよ。

自分のしたことで人が喜んでくれたらどうだ。  誰かの役に立つ仕事をしたいと思わないか。」

さすが! 塾の先生!  子どもが興味を持つように、また意欲が湧くように

話を進めてくださる。

私も改めて、「誰かの役に立つ仕事をしたい」と思ったのでした。

 

余談ですが・・・・この塾に通わせようと決めた理由は・・・。

説明を聞きに行ったときのこと。

「塾に通うのは当たり前とおもっていないか。通わせてもらってありがたいと感謝の気持ちを

忘れてはいけない。勉強ができる自分は幸せだと思わないといけないんだぞ。」

と勉強する以前の、姿勢・人間性を説いてくださったからなんです。

それプラス、料金がとっても良心的なんですけどね(笑)


« »

コメントを残す