捨てることへの罪悪感と片付けられない自己嫌悪 どちらが嫌?

捨てることへの罪悪感と片付けられない自己嫌悪 どちらが嫌?

ブログ 新着情報


自分整理ナビゲーター&

アドラー心理学スマイルリーダー・ELM勇気づけトレーナーの

宮崎佐智子です。

いつもご訪問いただきありがとうございます。

 

片付けの際に必ずと言っていいほど

発生すること・・・

「モノを捨てる」こと

 

モノを捨てることになんの躊躇もない人も

いれば、とても悩み悪いことをしているという

罪悪感に苛まれる人もいます。

 

モノを捨てることは、お金を捨てているようなもの

と考える人もいます。

 

使わないものを買い込んでしまったのも

お金を有効活用できていないことからすると

お金を捨てているのと同じことではないでしょうか。

 

片付けができない人にとっては、「捨てる」ということは、

とてもハードルが高いと感じてしまっているように思います。

 

それと同じように、片付けができない自分に対して

自己嫌悪に陥ってしまっている人もいます。

 

片付けができない自分はダメだ

片付けができないなんて、女性(母親)失格

片付けができなくて、いつも家族に迷惑をかけている

母親の私が片付けができないから子供もできない

・・・・・・などなど・・・・・

自分を責めて自己嫌悪に陥っていませんか?

捨てることの罪悪感と片付けられない自己嫌悪

どっちの自分が嫌ですか?

以前のブログにも書いていました。

捨てる罪悪感と片付けられない自己嫌悪 どっちが大きい?


« »

コメントは受け付けていません。