汚れの性質を知ると楽に汚れが落とせます。

汚れの性質を知ると楽に汚れが落とせます。

ブログ


自分整理®ナビゲーター&

アドラー心理学スマイルリーダー・ELMトレーナーの

宮崎佐智子です。

いつもご訪問いただきありがとうございます。

 

 

今日、来週のTV出演の打ち合わせをディレクターと

していたのですが。。。。

なんせ、ディレクターは面倒なのが嫌い!!!

ズボラさんなのです!!

 

手順がいくつもあると、アウト!!

不採用になってしまいます。

TVを見ながら、くつろいでる人が、

やってみようかな、と思えるような

お掃除の方法、と言うのが、モットーなのです。

なので、私のハードルも上がりっぱなし。。。。

いろんなお掃除ネタを持って行っても、

あれこれ意見されております(厳しい~~~)

 

ディレクター曰く、手順がいくつもあるとしたくなくなる。

その通りですね。

簡単・手間いらずでお金もかからず、

続けていけるお掃除方法が一番ですね。

 

で・・・そのためには、汚れの性質を知ることが早道です。

 

いろんな洗剤を買っては使わないで、しまい込んでいる方、

結構多いですよ~~~~

 

汚れの性質は、本当に単純です。

アリカリ性の汚れ

酸性の汚れ

多くが上記の二つです。

 

逆の性質の洗剤で落とすことができるので、

アリカリ性の洗剤と酸性の洗剤が1本づつあれば

いいわけです!!!

プラスで中世洗剤があれば、食器・衣類洗いに対応

できるので、ほぼ大丈夫です。

 

もう一つ足すとしたら、落ちないカビ汚れのために

漂白剤があればいいと思います。

漂白剤も、塩素系と酸素系がありますが、

環境と、安全性を考えると酸素系をお勧めします。

酸素系は、塩素系と比べたら汚れを落とす力は弱いですが

身体への影響は少ないです。

汚れがひどくならないうちにお掃除すると、酸素系で十分だし、

そもそも洗剤が使わなくても落とせるのです!!!

 

アルカリ性の洗剤と酸性の洗剤があると、汚れのほとんどが

落とせますよ。

 

重曹とクエン酸があれば十分です!!!

 

でも、飲み残したあるものでも、油汚れはきれいに落とせます!!!

その技は、18日のTV生出演で披露いたします!!

お楽しみに~~~~♪

 

146_320


« »

コメントは受け付けていません。