衣類や趣味のモノ、遺された家族はいらないものばかり

衣類や趣味のモノ、遺された家族はいらないものばかり

ブログ


自分整理®ナビゲーター&

アドラー心理学スマイルリーダー・ELMトレーナーの

宮崎佐智子です。

いつもご訪問いただきありがとうございます。

 

遺品整理士の資格も持っている私です。

NPO遺品整理協会も設立しています。

 

ご遺族様からのご依頼で、遺品整理作業の仕事が

増えております。

2月いっぱい予約で詰まっております。

ご紹介でのご依頼が増えており、感謝しています。

お伺いすると、一件一件ドラマがあります。

 

片付けをさせていただきながら、

「この部屋でどんな暮らしを送っていらっしゃったのだろう?」

「こんな趣味をお持ちだったのか・・・」

「こんなお好みだったのか・・・」

と、亡くなられた方のことを思っております。

 

どのお宅でも共通しているのは・・・・

衣類

趣味の物

紙類(趣味のものと通じるもの・情報等)

は、ほぼ全部捨てるものばかり!!!

 

衣類に至っては、好みやサイズが違うと、よく見ることもなく

全部捨ててください。と言われることがほとんどです。

*ポケットの中等は必ずすべて確認して、捨てます。

お金や鍵など入っていることが多いですよ!!

 

趣味のモノは、コレクションだと売れる可能性もありますが

CDRにまとめたものや、趣味の資料の紙類は、

ご遺族様には本当に必要のないものばかりです。

古いものは、手放して新しいものだけにしておかないと

どんどん嵩むばかりです。

 

年齢とともに、やはり、物の量は減らしておかないと

足腰も弱って、物を抱えることも困難になったら、

片付けなんてとてもとてもできません!!

 

モノを片付けるのに必要なお金を残してでも、たくさんの物に囲まれていたいか・・・・

モノをスッキリ手放して、そのお金を有意義に生きがいのために使うか・・・・

 

あなたは、どちらを選択しますか?

 

038

 


« »

コメントは受け付けていません。