親の家の片付け、どこから手を付けていいのか

親の家の片付け、どこから手を付けていいのか

ブログ


自分整理®ナビゲーター&

アドラー心理学ELMトレーナー・スマイルリーダーの

宮崎佐智子です。

(遺品整理士でもあります。)

いつもご訪問いただきありがとうございます。

 

「親が認知症になり、ホームに行かれて

家の片付けをしていますが、どこから

手を付けていいのか・・・

一人では、どうにもできません。」

そんなご相談を、去年から多くいただいています。

 

もう自宅には戻ってこないだろうと思われるご両親。

家のモノはそのままの状態で、ホームに入居される方も

少なくありません。

本当は、元気なうちに、判断力があるうちに

ご家族で一緒に片付けをしておく方がいいのですが、

まだ元気だから大丈夫。

そう思っているうちに、あれよあれよという間に、

ホームに入居することになる方も多いでしょう。

 

また、わかってはいるけど、なかなか手をつけられないまま

そのままの状態で、月日が流れてしまったという方も

多いでしょう。

 

どちらにしても、そのままの状態でぞっと放置しておくわけには

いかないのが現状ですね。

 

40~60代の方で、ご自分と旦那様、双方のご実家の片付けと

ご自分の家の片付けと、3軒の片付けに何年もかかっているという方も

いらっしゃいます。

親の家を見て、自分の子どもたちにはこんな大変なことを

させられない、そんな思いから、自分の家も今から

片付けておこうと思われて、同時進行で3軒の片付けを

されているそうです。

 

急に片付けをしようというと、喧嘩になるかもしれません。

 

一緒に片付けの講座を受けてみると、前進できるのでは、

と先日の北九州市での片付け講座に親子でご参加してくださった

方方のご感想をお聞きして、感じました。

 

まずは、親御さんの心・頭の整理のお手伝いをしてみませんか。

いきなり、モノの片付けを始めると抵抗があるかもしれません。

親御さんの想いやこれからの事などを聴くことから始めましょう。

 

気付きがたくさんあると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 


« »

コメントは受け付けていません。