9月3日は福岡市城南区 男女共同参画協議会様で講演会「人生の棚卸し講座」です。

9月3日は福岡市城南区 男女共同参画協議会様で講演会「人生の棚卸し講座」です。

ブログ


自分整理®ナビゲーター&

アドラー心理学ELMトレーナー・スマイルリーダーの

宮崎佐智子です。

いつもご訪問いただきありがとうございます。

 

人生の棚卸し講座

何年もお話させていただいている「人生の棚卸し」

今回は、福岡市城南区 男女共同参画協議会様から

ご依頼いただき、100名弱の皆様に

お話させていただきます。

 

男女共同参画協議会様主催なので、男女の役割分担

家族の協力等をお話しさせていただこうと思っています。

やっと資料も作り終わりました。

 

今回は、やはりアドラー心理学の共同体感覚や

頼み方等を交えて、片付けを考えていただきます。

ちょうどタイムリーにアドラー心理学の師匠 岩井先生の

本が届きました。

009_320

とても参考になりました。

 

 

 

家事は女性がするべき

と思っていた時代は、もう過ぎたのかも・・・

30代以下の若い世代の夫婦では、役割分担当たり前に

なりつつありますね。

ただ50代以上では、やはり女性の負担が大きい

ご家庭が多いというデータがあるのも否めません。

 

我が家もその中のひと家族です。

データ通り、家事はほとんど私が担っています。

数年前と比べたらかなり協力してくれるところは

増えましたが、料理はしない、拭き掃除もしない

お風呂・トイレ・キッチンの掃除もしない。

することと言ったら・・・ゴミ出しと

洗濯物を干すことくらいですが・・・・

成長した方です(;’∀’)

 

人生の棚卸しは何のためにするのか?

 

ご依頼いただくにあたって、役員の皆様と

打ち合わせをした時に、

「終活 という言葉はいやだ。いかにも死の準備のようで・・・」

とお話されたのが印象的でした。

人生の棚卸しというと、やはり、そのあとの人生が

楽しいようなイメージがある。

とおっしゃってくださいました。

 

健康寿命がどんどん上がっている現代

第二でも第三でも人生がありますよね。

生き甲斐を見つけて元気に楽しく暮らすために

片付けをして、スタートをしましょう。

 

自分整理手帳®で見える化を

数年前に、オリジナルのエンディングノート「自分整理手帳®」

を作成しました。

残された家族が困らないように、書き留めておくことが

とても大事ですね。

 

全てを書いておかなくてもいいのです。

順番通り書いていかなくても全然OK

 

書きたいところ・自分に必要なところから

書いていったら大丈夫!!

 

ポイントは、今自分に何かあったとしたら

家族が困らないように。

必要なことは書いておきましょう。

 

そして・・・「たくす」モノ・コトは書いておいて、

「かくす」モノ・コトは捨てておきましょう。

 

そんなことをお話しさせていただきますよ~。

 

100名弱の皆様とお会いできるのを楽しみにしています。

 

017_320

 

 

 


« »

コメントは受け付けていません。